サインはハッキリと

本日の日経平均株価は、2万2,351.12円・前日比+322.80円と大きく上昇しました。株価大幅上昇のきっかけになったのが、安心感です。日経株については不信感が募りまくり、強い警戒感がありました。でも午前中に株価が上昇すると市場に安心感が生まれ、一気に300円以上の値上がりを記録しました。


株価上昇を受けてドル円は113円を回復。豪雇用統計の結果が上々だったことを受けて、豪ドルが買われたこと。米債利回りが上昇したことも引き上げ要因となりました。一方ユーロドルはと言うと、昼過ぎあたりに5日と20日のゴールデンクロスが発生。するとユーロドルは1.17$から1.18$台へと駆け上がりました。


東京時間は、比較的読みやすかったと思います。サインもハッキリと出ていたので、利益が出た方も多かったことでしょう。

欧州時間になるとドル買い優勢の展開になりました。しかしドル円はまだ何とか読み取れるものの、ユーロドルは嫌な展開です。


ドル円は東京時間に10日・25日のゴールデンクロスが発生し、じわじわと値を伸ばしてきました。そして欧州時間へ突入し、113.3円にまで上り詰めました。しかし113.3円に到達後には、またじわじわと値を下げています。嫌な展開ではありますが、10日線を下回っています。なんとかギリギリ10日線を保っているものの、下に抜けたら一気に下がりそうな気配があります。


一方ユーロドルはと言うと、誰か知ってるなら教えて欲しい的な展開です。

1.18ドルから1.17ドルまで落ち込んだものの、ピリピリしたムードが漂っています。次なる材料待ちといった所でしょうが、下手に手を出したくないのが正直な所です。