ドル円上昇の謎

18日のNY市場において、ドル円は113円にまで上昇しました。しかし問題は、何故上昇したのかです。正直な所、上昇するような材料は無いのです。

考えられるのは、米国債利回りが上がったことです。でも何故上がったのかは、皆目検討がつかない状態。米住宅指標が発表されたものの、予想を下回る結果となっています。

ただ予想下回る結果になったのは、ハリケーンの影響によるものです。そこまでネガティブに捕らえている様子は、見受けられませんでした。 では何がきっかけになったのかというと、おそらくですがここ最近の景気の良さでしょう。

アメリカはもちろん、日本の景気もポジティブに捉えられています。日本は衆院選があるものの、与党自民党が勝利するのではと見られています。